友人の汚部屋掃除をしてみました

私はもともと特別掃除が得意なわけでもなければ、普段からしょっちゅう掃除をしているわけでもありません。
その為私自信、私の部屋は汚い部屋だと思っていました。

友人の汚部屋を片付け

ある時友人との会話で「部屋が汚い」という話題になりました。
そこで部屋の写真を見せてもらうと、一部しか見えませんでしたが段違いに汚い部屋が写っていました。
それはさすがにまずいから一緒に片付けよう、と提案して後日友人の汚部屋掃除をすることにしました。

恐らく掃除道具も何もないだろうと思い一通り買い揃えて友人宅へ向かいました。
友人宅へ着き、玄関を開けるとなんとなく異臭がしました。
一瞬帰りたくなりましたが、なんとか堪えて掃除を開始しました。
友人には必要なものと不要なものを分けてもらっている間に私はゴミを集め、恐らく洗濯されていないであろう洋服を洗濯しました。
粗方片付けて床が見えるようになり、いよいよ本格的な掃除を始めることになりました。

事前に掃除に必要な物を調べていて、「重曹」が便利との情報があったので使ってみました。
重曹をぬるま湯で溶かして雑巾につけて壁を拭いてみました。
すると壁がみるみる白くなっていきました。
ベージュの壁紙かなと思っていたのですが、実際は白い壁紙だったんです。
床も拭いてみるとなんの汚れかはわかりませんが、ベタベタした汚れもとれて、ピカピカになりました。
洗剤ではないので二度拭きも不要で、大変な掃除を少し楽にすることができたと思います。

すぐには異臭は消えませんでしたが、また別の日に汚部屋になってないか確認がてら行ってみたときにはすっかり臭いが消えていました。
それ以降自分の家でも重曹を使って掃除をしていますが、簡単に落ちるので少しだけ掃除が好きになりました。