要らないものをリサイクルへ

自分の部屋が散らかっているということにふと気がつき、早速片付け・整理をすることにしました。まず、何があるのかを把握するために、しまってあるものを全て出しました。
その中から、使うもの、要らないもの、使うかどうか迷うもの、使わないけど思い出があるから取っておきたいもの等に分類することを決めました。仕分け作業を始めると、使っていた当時の思い出などが次々に思い起こされて、懐かしんでしまい、なかなか作業が進みませんでした。家族から「休憩していないで早く進めなさい」という言葉を受けて、なんとか進めていきました。
仕分け後に気がついたのは、要らないものがあまりなかったことです。どれも大切に感じられて、
捨てられないのです。しかし、ものを捨てなくては何も変わらないので、意を決して捨てるものを選び出していきました。そして思いついたのが、捨てようとするから処分できないということです。資源としてまだ使えるものは、捨てるのではなくリサイクル回収に出せば良いことに気がつきました、リサイクルをするのなら、捨てるのとは違い、気がひけることなく手放すことができます。
おかげで、部屋がすっきりし、気持ちも爽やかになりました。